え?剥がすの??(汗)キッチンパネル剥がしはとっても厄介

もう、掲題のとおりです。本当に、キッチンパネル剥がしは大変でした。

下記写真の通りの納まり予定で進んでいたのですが、急遽、お施主様の要望で、キッチンパネルが取り付けられた部分も窓に変更したいとの要望が出たそうで、その対応を迫られました。

外すときには、スクレーパーを使って外さねばなりません。

キッチンパネルを施工するときにはとても強力な専用ボンドで接着します。端部は見切り部材で隠しているので、それを剥がすにも、痛めてしまうので、見切りは事前に全て再手配。持ち込んでの対応となりました。

まとまってごっそり剥がれ落ちてくれないかなーと淡い期待をしていましたが、やはりすんなりとはいかず、細かく割れながら、ほんの少しずつ、ポロポロ落ちるように外れていくため、スクレーパーが奥まではいることができず、とても時間のかかる作業となってしまいました。

逆に言えば、とても強力な接着剤で壁面につけられているということですかねー。安心してご利用ください。

DSC_0508

DSC_0509

DSC_0512

DSC_0513

DSC_0514

DSC_0515

DSC_0516